資産運用に金融機関の定期預金




資産運用を初めて行うものの中に、預金があります。

お金を、長期のあいだ普通預金に置いておく方法もありますが、資産運用に適した預金商品が、金融機関ごとに用意されているものです。

金融機関で扱っている預金には、定期預金があり、その中でも種類がいくつかあります。

定期預金とは、毎月あらかじめ申し込みの際に決めておいた金額を、銀行に預け続けて、その金額に利息が発生するという資産運用方法です。

金融機関によっても、定期預金に毎月預ける最低ラインの金額は異なりますが、1万円からというところが多いようです。

続きを読む

(C) 2009 資産運用と株式投資