個人向け国債 固定金利と変動金利




資産運用に、より高い安全性を求めるなら、個人向け国債がお勧めです。

安全性は大切ですが、他にも資産運用の方法に選ぶ基準として、金利の高さも大切なポイトです。

個人向け国債には、固定金利と変動金利の2通りから選ぶことができ、固定金利は5年満期、変動金利は10年満期の資産運用ができます。

固定金利とは、どういう内容を示している資産運用方法なのでしょう。

満期が5年の商品でいえば、その5年間の金利が同じまま続くという内容です。

変動金利の意味は、適用利率というものが変わるタイプを指します。

続きを読む

(C) 2009 資産運用と株式投資