外貨取引 資産運用方法




資産運用の種類をインターネットなどで調べると、「外貨取引」という名前があります。

外貨取引は、海外旅行に行くときなど、持っている日本円を旅行先で使用できる通貨に、出発前に銀行でかえてもらうときに、お世話になっているはずです。

アメリカに行くのであれば、ドルに円を替えます。

相場が、例えばアメリカのドルが1ドル105円のときに、50万円をドルに替えて、帰国時に1ドルが107円に上がっていたとしたら、50万円以上の価値にかわっています。

続きを読む

(C) 2009 資産運用と株式投資