初心者はミニ株で資産運用

株を始める人が、近頃増えています。

スポンサードリンク

株を始める人の中には、資産運用の方法として選択している方が多い一方で、株に対して賭けごと感覚で取り組んでいる方もいらっしゃるとのことです。

株は、いろいろ調べていくと、面白みがある資産運用方法なので、のめり込む可能性は、十分あります。

資産運用の手段として、株の取引をされている方は、所有している株の知識があることは、大変重要なことです。

株投資というと、以前は大きな金額が用意できる人だけに許された資産運用といった印象がありました。

金融の世界では、日々利用者のニーズに応えた新商品が提案されており、株の世界でも「ミニ株」という、少額の資金で株を始められる商品があるのです。

資産運用の初心者には、株取引で何百万円もの大金を、わずかな判断ミスで損失する可能性は、恐ろしいものがあるでしょう。

株そのものへの抵抗が強まってしまう結果となり、リスクが大きいことから、資産運用が始められない状況を生んでしまいます。

ミニ株で、株の資産運用を経験することで、実際に慣れていけば、いずれは通常の株でもできるように上達するかもしれません。

ミニ株は、通常の株の値段の1/10で買うことができる商品なので、例えば300万円の株であれば、30万円で購入することができます。

資産運用は、元本があることも大切ですが、それ以上に経験して上達しないと、せっかく持っていた元本を無駄にする可能性もあるので、ミニ株で経験を積んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

資産運用の種類と目的
資産運用に関する商品は、たくさんあります。 お金の問題は、生きている限りずっと切......
不況における初心者資産運用や管理
不況は、世界的な問題となっている昨今、個人の金銭管理や資産運用は多様化しています......
資産の把握 具体的な目標 運用方法
資産運用には興味がない、資産運用をするほどのお金も持っていないという方は、ただ資......
資産運用を始めるために必要な資金
資産運用をしたいけれど、初心者だから、どうしたらいいのかわからない方はたくさんい......
不況の資産運用 預金と金利
資産運用の身近な方法の1つに、預金があります。 銀行預金などは、一度は経験されて......
資産運用に金融機関の定期預金
資産運用を初めて行うものの中に、預金があります。 お金を、長期のあいだ普通預金に......
資産運用インターネットバンキング
資産運用をしたいけれど、資産運用にあてるお金がないという場合は、まず貯金を目指す......
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)で資産運用
資産運用相談を、銀行などでされた経験はありますか。 預金以外に、資産運用といって......
資産運用に投資信託と外貨MMF
資産運用の方法はいくつもありますが、その中の投資信託に「MMF」という商品があり......
投資信託で1万円から資産運用
資産運用の種類には、投資信託があります。 資産運用で利益を生むために、いろいろな......
初心者の資産運用 資金,投資信託
資産運用にはまだ慣れておらず、初心者だという方は、なにに注意をしていけばいいので......
外貨取引 資産運用方法
資産運用の種類をインターネットなどで調べると、「外貨取引」という名前があります。......
慎重な資産運用の選択
お金に関係するプランには、2通りのタイプがあるようです。 貯金の目的とし、毎月の......
高金利と安全性の個人向け国債
資産運用の商品で、「個人向け国債」というものを、聞いたことはないでしょうか。 個......
個人向け国債 固定金利と変動金利
資産運用に、より高い安全性を求めるなら、個人向け国債がお勧めです。 安全性は大切......
資産運用・個人向け国債のリスク
資産運用の方法として、個人向け国債は安全性の高さから、安心感を与えてくれますが、......
外貨資産運用 為替レート
資産運用のことをまだよく知らず、これからスタートしたいという初心者の方には、外貨......
外貨資産運用のデメリット
資産運用に外貨を取り入れると、日本円でのみの資産運用に比べて、金利が高いこと、金......
株式投資は資産運用の手段の1つ
株取引は、数ある資産運用の中でも、近年人気の高くなっています。 不況のあおりを受......
投資信託の資産運用にかかる手数料
「投資信託」という金融機関の商品が、資産運用の中でも関心が集まっています。 金融......
初心者向きインデックスファンド
投資信託の商品には、何種類もあることから、資産運用初心者の方などには、選ぶだけで......
年金問題と老後の備えに資産運用
高齢化社会という問題は、メディアから一方的に流れてくる情報だけでなく、街を見回し......

▲このページのトップへ